キャッシングの年収による借入限度額について

 キャッシングは発行している会社の種類によって借入限度額の違いが出てきます。
特に消費者金融のキャッシングは年収による借入限度額が異なってきます。

具体的には消費者金融のキャッシングの借入限度額はその人の年収の1/3までとなっているのです。
ですから、その人の年収が300万円であったら大体総額で100万円までしか借り入れすることはできないようになっているのです。
ですから、消費者金融からのキャッシングで大量の借り入れをするというのは結構難しいかもしれないのです。

どうしてこのような制限があるかというと法律の規制があるからです。
総量規制では特に個人向けの貸し付けを規制しており、その人の年収の3分の1以上は貸し付けてはいけないという事となっているのです。
ですから、消費者金融からの借り入れは制限されているのですね。

しかし、この点銀行は消費者金融の対象ではありません。
ですから、年収による縛りが銀行には無いのです。かといって、銀行ならばいくらでも借りれるかというとそんなことは無く、銀行は消費者金融よりもさらに厳密な審査を設けることで返済能力を定めていますからある意味消費者金融よりも借りるのが難しい会社かもしれません。

このように、キャッシングでの借入減額はかなりその人の年収の制約を受けることになります。
いずれにしても、キャッシングは計画的に活用しなければいけないものなので、多かろうが少なかろうがしっかりと返済はしなければいけませんから逆に借入金を管理する手間が省けたとも言えるかもしれません。